<   2011年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

添配・茅舎

陶製の茅舎の販売

盆栽展・水石展・山野草展の添えにいかがでしょうか。



茅舎№001   左右11,5㎝  高さ6,1㎝  奥行き9,2㎝   SOLD
a0173043_10151615.jpg

a0173043_10172288.jpg
a0173043_10173958.jpg
a0173043_10175576.jpg
a0173043_10181498.jpg







崩れ茅舎№002    左右11,2㎝  高さ6,6㎝  奥行き8,5㎝    SOLD
a0173043_1050358.jpg

a0173043_10513274.jpg

a0173043_10515583.jpg

a0173043_10521823.jpg

a0173043_10523720.jpg







茅舎№003  左右13㎝  高さ6,9㎝  奥行き10,3㎝    SOLD
a0173043_1056168.jpg

a0173043_10582148.jpg
a0173043_10583444.jpg
a0173043_10584765.jpg
a0173043_1059840.jpg
a0173043_10591941.jpg







・使用例
私が今秋の盆栽展に文人真柏の添えに使いました。
地板に直接置きましたら色が同化し見栄えがしなかったので熱帯魚用の黄金砂を敷きました。
この茅舎は庭付きの植え込みも出来るタイプの物です。
a0173043_9471464.jpg

by bbex66163 | 2011-11-13 10:25 | 陶芸 | Comments(0)

真柏ミニサイズ

先日の続きになりますが真柏の新木作りを行いました。

今日はミニサイズになりそうな4本の素材と、
すでに化粧鉢に植え替えを済ませた素材の手入れを行いました。

1本目はこの素材です。
正面はこの角度ですが、右側で作るか左側で作るか迷いますが、
小さく作りたいので左側の枝を使い左流れの樹にしたいと思います。
a0173043_23374358.jpg
a0173043_2338483.jpg

皮を剥いてシャリとジンを作りましたが、この時期は時間が掛り過ぎていやになります。
夏場では1~2分あれば綺麗に剥けるのですが、40分も掛りました。
a0173043_23463291.jpg

作業後は樹高8㎝になりました。
a0173043_23382196.jpg





2本目はこの素材です。
最初は文人にする予定で作り始めた樹だったのですが、
幹の曲が強く気に入らなかったので絶たんでおいた樹です。
a0173043_013862.jpg
a0173043_015191.jpg

作業後は樹高9㎝になりました。
a0173043_021811.jpg





3本目はこの素材です。
a0173043_085739.jpg

正面を何処にするか下の画像の二通りが考えられますが。
a0173043_063615.jpg
a0173043_065014.jpg

迷った末こちらを正面に。
a0173043_07369.jpg

作業後は樹高10㎝になりました。
a0173043_071837.jpg






4本目はこの素材です。
正面の予定はこの角度です。
a0173043_0205120.jpg
a0173043_0212578.jpg

彫刻をしているうちに、予定した正面より裏の方が良さそうでしたのでチェンジ!まだまだ若い!
裏表を変えた事によりサイズも小さくまとまりそうです。
a0173043_022812.jpg

このままでは小さくなりそうもないので、
左側を一枝残しで上をシャリにしました。
a0173043_0223349.jpg

作業後は樹高10㎝になりました。
a0173043_0225069.jpg






手入れ前
a0173043_041563.jpg

手入れ後
a0173043_0413466.jpg






手入れ前
a0173043_0432059.jpg

手入れ後
a0173043_0435032.jpg






手入れ前
a0173043_0445955.jpg

手入れ後
a0173043_0452982.jpg






手入れ前
a0173043_0464888.jpg

手入れ後
a0173043_0472493.jpg






手入れ前
a0173043_0484464.jpg

手入れ後
a0173043_0491674.jpg





手入れ前
a0173043_0523286.jpg

手入れ後
a0173043_053647.jpg






手入れ前
a0173043_053451.jpg

手入れ後
a0173043_0541686.jpg

by bbex66163 | 2011-11-13 00:55 | 盆栽 | Comments(0)

真柏ミニサイズ

午後から時間が取れましたので
久しぶりに家の真柏の整枝を行いました。

もともと、10センチ以下のサイズで仕上げるため去年から準備していた素材です。
すでに半数は整枝を終え、お客様の所へ行きましたが、
今回は、遅れをとっていた残りの樹の整枝を行います。

1本目の樹は、立ち上がり正面のシャリが突いて見えるのと、
根細に見えるので少しだけ時計方向に角度を振り、
シャリの彫刻で欠点を少しでも解消出来ればと思います。
a0173043_22445519.jpg
a0173043_22452292.jpg

作業後は樹高9㎝になりました。
a0173043_22455568.jpg





2本目は正面を迷いましたが、
樹の古さを感じさせ、奥行きも感じられる方を正面に。

表の予定
a0173043_22511361.jpg

裏の予定
a0173043_22512936.jpg

作業後は樹高8㎝になりました。
a0173043_22514523.jpg




3本目
a0173043_22541245.jpg
a0173043_22542986.jpg

作業後は樹高9㎝になりました。
a0173043_22545099.jpg





4本目
a0173043_22573043.jpg
a0173043_22575240.jpg

捨て枝の剪定とシャリ・ジンの彫刻(荒削り)をしました。
a0173043_22581059.jpg

作業後は樹高10㎝になりました。
a0173043_22582955.jpg

by bbex66163 | 2011-11-10 23:16 | 盆栽 | Comments(0)

辰砂窯変鉢/紅葉

夏の暑い時には使いにくい色合いの鉢ですが、
秋から春先には、温かみがあって使いたくなる一鉢。
a0173043_2242021.jpg

我が家では大文字草は大きく育てたくないので、
ほとんどが、このような小鉢か天然石への植え付けで培養しています。
a0173043_22524179.jpg




最近、盆栽手入れと予約注文の茅舎作りに追われて園内の様子を見てませんでした。
すると、紅葉も終わりに近ずいていて、あわてて少しだけ写真を撮りました。
a0173043_23112250.jpg

だいぶ前に夢中で彫刻した天城石に植え付けしたモミジです。
a0173043_23172029.jpg

a0173043_2318970.jpg

百日紅
a0173043_23261116.jpg

こちらは、葉は落ちましたが
老爺柿の都紅
a0173043_23305968.jpg

山での紅葉風景
a0173043_2333293.jpg

by bbex66163 | 2011-11-05 23:34 | Comments(0)

何の種?

a0173043_2213171.jpg

前回の双子の続きのような種。

以前、彼岸花と水仙の球根の見分けがつかず困った事がありましたが、
今回のこの種の正体も全く分かりません。

来春に発芽すれば夏には分かると思いますが・・・。
それまで待ちたくネーーーーーーーーーーッ。

by bbex66163 | 2011-11-05 22:30 | Comments(0)

双子?

一番下の息子が、

ねーねー

これ見て!

コナラ!

双子!

a0173043_23152475.jpg

私も数十年か世の中を見てきたつもりですが
これは初めて見ました。

たとえば、幼い子供がたまたま公園で沢山拾った中に一個あったとしたら、
まー普通だと思います。

息子は高3で、
一つ年下の彼女がいて、
趣味はバイクいじり。

そんな息子が持ち帰った事が不思議で面白い。





だったら私は、
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
これを突き出した。
a0173043_2338651.jpg

甲州百目柿
また、これもカワイイ!

by bbex66163 | 2011-11-03 23:51 | Comments(0)

やっと一息

遊心会の展示会が終わり、

たまっていた展示会用の急ぎの手入れもなんとか終わりました。

今日からしばらくは自分のペースでと思いながらも、

夕方までは、お客さんの盆栽手入れで、

夕食後は陶芸を!

盆栽世界さんの宣伝効果も有りまして、
陶製の茅舎の植え込みタイプは
展示会用を残しすべて売り切れになりました。
しかも、多くの予約まで頂きましたので
しばらくはバタバタが続きそうです。

陶製の茅舎の植え込みタイプとは?

遊心会の展示会に飾った文人真柏の添えに使った右流れのタイプ
全左右16,5㎝
a0173043_10586.jpg

こちらは右流れの真柏の三点飾りの根締めに使う予定だった左流れのタイプですが、
貴風サイズの根締めには大きすぎましたので使うのをやめました。
全左右18,5㎝
a0173043_132161.jpg

今夜は同じタイプの小さめを5個作り始めちゃったのですが、
なかなか乾かず午前2時になりますが仕上がりそうにありません。
現在寸法は左右13㎝~10㎝ですので仕上がりは11㎝~8,6㎝位でしょうか。
a0173043_1514431.jpg

寝るのは午前3時を過ぎてしまいそうですが、
この時間は私にとって一番集中出来る普通の時間で、
正面では妻が横たわっていますが、これも何時もの事で・・・・。

by bbex66163 | 2011-11-02 02:06 | Comments(0)